上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
たまたま本屋に立ち寄った時、
「乱TWINS」が置いてあったので
土山しげる先生の『忍法剣士伝』を立ち読みしました。

連載が始まったばかりなのでストーリーはまだ第二話。
七郎太が修行から帰ってきて、
旗姫にびるしゃな如来を浴びせかけるシーンまで。
感想は箇条書きで…


・うーーん絵柄や作風に雰囲気がないような(汗)

京馬の性格が暗い。

・「忍法ほおずき燈籠」がホラー入ってる。
 理科の解剖人形みたいな感じ
・女性陣が可愛くない…


まずやっぱりキャラのビジュアルが普通すぎるかも。
バジリスクやアイゼンファウストみたいに、
個性的なビジュアルじゃないと
ストーリーに説得力が出ないことを痛感。。


次回はびるしゃな如来の効果が周囲の男に
現れる展開になるので、
さーー一体どんな笑えるシュール展開になることやら(笑)

出版芸術社のホームページで、
山田風太郎『橘傳来記』の表紙の画像がアップされていました。

ええーーーーあまりにもダサい……(笑)
何だこの、どう見ても急場しのぎな挿画は(汗)
あまりの表紙のやる気のなさに少々(いやかなり)
テンションが下がりました。
本の表紙や装丁を気にするタイプなので、
ちょっとこれはがっかりだなあ。
いや中身が良ければそれでいいんだけどさーーー…



さて、話は変わって「アイゼンファウスト」7話。

正義って何だっけ…(笑) 私が知りたいわ

今回は閑話休題といったところ。

読んでるこちらも、正義についてちょっと真面目に天四郎といっしょに
考えてみよーかという気分になったところで、
お兆の登場でいきなりエロバイオレンスなアクションシーンに突入。

すると一瞬、お兆が天四郎に対して
正気に戻ったような態度をとっている。気になる…

鳥居様が一番の問題児な感じがするなー。
自分の娘を人身御供にすれば、自分は何をしても許されるって
考えてる感じ。。


しかしなんだ、お史どのまだ生きてたんだな(笑)
原作だとあっという間に死んでると断定できる。
乙女モードのお史をどう扱っていいかわからない空也ナイス。
漫画だと、お史はエロ要員として生かされるんだろうか。


ストーリーが進んでいないので、
もったいぶらずにもっとドンドン進めていって欲しい。





さて次は「花かんざし捕物帖」39話。
新しい女囚の話です。
髪の色の薄い、外人っぽい彼女いいですねーー。
遊女姿も可愛い。


美少年の南条外記がバジリスクの

弦之介さまそっくりのイケメソでかっこいい。



いや、ほんとに弦之介にそっくりなんですよ!!


「花かんざし…」は作画がいつも凝ってる為、
掲載ページが少ないのが惜しいところ。
新しいコミックスも早く出ないかなーー。


やったーーーーー!!!

出版芸術社から、
風太郎がデビューする以前の、単行本未収録作品をおさめた
初期短編集『橘傳來記』が11月中旬に出るぞ!!!

わーーいやったやったvvv

風太郎が亡くなってから、新刊はエッセーばかりだったけど、
何と小説の新刊が読めるなんて…!


最近原稿が発見された「国民徴兵令」も収録されるんだろうなーv


11月中旬といえばもうすぐですけど、待ちきれなーーいvv

早く出ないかな…

表紙

ゼノギアスアンソロジーの『cross my heart』に
参加させていただきました!!

画像は一ページ目の下描きです。

漫画を描くのは初めてで、しかも
八ページとあって
色々と苦戦しました。

でもすごく楽しかったです。
もっともっとクオリティの高い漫画を描けるようになりたいな…



ちなみに、
漫画で山田風太郎の小説(主に「永劫回帰」)から
多々セリフなどを引用しています。
花かんざし捕物帖 (2) MiChao!KC (KCデラックス)花かんざし捕物帖 (2) MiChao!KC (KCデラックス)
(2008/08/06)
山田 風太郎島崎 譲

商品詳細を見る

『花かんざし捕物帖』の第2巻を買いました。

2巻になってようやく霞の正体が判明するんですが、
何でここまで原作に忠実なのに
霞の正体と女囚を助ける動機を後回しに
してるんですかねー??


実は主水介と結婚したいというごく個人的な
事のために奮闘している、といった
けして根っからの正義の味方じゃない霞が好きなので。

(まあ当然、本当に女囚たちを助けたいと思っているのは明らかですが。
でもやっぱりあそこまで危険なことができるのは
主水介との婚約のためだし)



個人的に、第2の女囚のお路さんがかなり好みのタイプです(笑)
主膳様うらやましすぎる…

十平次の能面っぷりがうまい具合に表現されてます。
主膳様も十平次も顔がコワイのよ!!(笑)


しかし、最初に第一話を読んだ時から
思っていたんですが、
作画も細かいしキャラのしぐさも細かい!


さりげなーーく、霞が推理を働かせるシーンでは
霞は必ず首筋を掻いている。物を考える時の癖なんですね。


で、コミックスを買っていまさら気が付いたんですが、
1巻ではキャラのモノローグの四角いフキダシに
玉のアイコンがついてるんですが、
2巻だとそれが狐のお面のアイコンに変わってるんですよね。
細けーー。


おまけに、霞が普段町に出歩く着物、
帯が見るたび違う柄。
かんざしもマイナーチェンジしている。
ついでに、霞の手下となったお竜も毎回着物、髪飾りが違う。
細かいなあ。

しかも、ミチャオでの連載時にはフルカラーだから、
コミックスにする際色調や補正をかけなおしてモノクロに
してるわけで、これまた手間だなあ。


順調な刊行ペースなので、3巻が楽しみです。






さて、話は変わって『アイゼンファウスト』第6話。
こんだけ面白いのにまだ6話って(汗)

もうね、毎回毎回迷ゼリフが多すぎるのよ。
だからどっから突っ込んでいいかわからないのよ(笑)

今回の大賞は板倉屋の「らめええ」です(爆)
まさか板倉屋にらめええを言わせるとは思ってなかった(笑)


そんでもって空也がカッコよすぎる。
風太郎の男なんてタダのヘタレかどうしようもないへタレかの
2パターンしかいないのに
この空也のカッコよさは何ということだ!!


そんで、空也が華麗に空中から登場した時
爆笑した。

空也どっから吊るされてんのよ(笑)
その後よく見たら巨大凧に乗ってきたこと判明
ここだけジブリみたいなことになってます。


そして今回すごい形相で「空也ーーー!!!」
としか叫んでない天四郎。


紙媒体のコミックスが出るのかとウキウキしていたら
実は電子書籍のほうでかなりショックだった…


紙で出してよーーお願いだよー。
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。