上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
えー、以前「山田風太郎 成分解析」を
本名でやってみたところ
61%が「忍法赤朽葉」でできていたみずぐきまりです。
ところでこの「赤朽葉」「白朽葉」、
私携帯コンテンツから読んだため
ルビが付いていなかったので
イマイチ読み方が分からないんですが、
「あかくちは」「しろくちは」と
読めばいいんでしょうか?
百々銭十郎の名字も「もも」と
読んでいいんだよね?…(汗)


さて久々に忍法帖を読み、
頭が忍法帖を読む状態にスイッチが
入ってしまいました(笑)
次の忍法帖が読みたーーーい!!!!
というわけで次はあらすじだけでも
なんだか私の好みそうな『銀河忍法帖』だ!!
その次に『忍法封印いま破る』、『笑い陰陽師』の
順に読んでいこうかと思います。
噂によると『忍法封印』はかなり鬱になる展開らしいので、
その後にノリの軽い『笑い陰陽師』を持ってきた方が
心のリハビリになるだろうなと。
その後は、『忍法剣士伝』
『軍艦忍法帖』『海鳴り』と読もうかな。


う~ん、それにしてもこの角川文庫の携帯コンテンツの
おかげで絶版忍法帖が6作品(剣士伝は絶版ではないので)も
読めるなんてすごいことですが、
まだ絶版で未読の忍法帖があるんだよな~、、。
『魔天忍法帖』は徳間文庫からまだ出ていますが、
『自来也忍法帖』『秘戯書争奪』
『忍者黒白草紙(天保忍法帖)』
『忍法双頭の鷲(妖の忍法帖)』は
果たしていつか読むことができるんだろうか(汗)
スポンサーサイト
赤朽葉=あかくちば  白朽葉=しろくちば  百々 銭十郎=どど せんじゅうろう
読み方はこのようですよ。(講談社ノベルスより)
『忍びの卍』読了お疲れ様です~。とんでもなく凄い傑作ですよね! 大っっ好きです。賑やかしキャラだと思っていた虫籠右陣にラストで惚れました。なんて大忍者…(涙)
『銀河』は大久保長安が良いですよーv 佐渡の帝王めっちゃカッコイイですv
はた [] EDIT 
コメントありがとうございます!!
読み方を教えていただきありがとうございます~!!!
「どど」と読むんですか、実はもう私の中で勝手に「もも」と定着していて「ももさん」と呼んでました(笑)
『忍びの卍』はいや~~とても良かったです。ラストシーンの刀馬のセリフが心にグワーンと来ました。
右陣は大忍者ですよね…(泣)読後はあの三忍者が「もしかしてあいつらいい人だったんじゃないか」と思えてしまうくらいで、再読の際は別の視点から見てみようと思います。
『銀河』はもう冒頭だけですごく私好みです!!!
みずぐきまり [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。