上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
魔界転生(下)―山田風太郎忍法帖〈7〉 魔界転生(下)―山田風太郎忍法帖〈7〉
山田 風太郎 (1999/04)
講談社

この商品の詳細を見る



魔界転生を再読して、とにかく序盤の田宮坊太郎の転生シーンが
印象的だったなあ。
10代で仇討ちを果たし、麒麟児と呼ばれた坊太郎が
二十歳で結核に冒され真っ青な顔で「拙者死に時を間違えました」なんて
言うシーンがものすごくショックで。
もうあまりの人生観の暗さに序盤からズーンとなったんですけど、
やはり風太郎というかそういう死生観や哲学はお首にも出さずに
まずエンターテインメントとして読ませるから凄いんだよなあ。


山田さんは基本的にタイトルや名前の付け方が上手いんですけど、
『魔界転生』ではお気に入りのサブタイトルがいっぱいで(笑)
上巻の「地獄篇~」っていうのも好きだし、
「生死一眼」も唸るタイトル。
いつかマイお気に入りサブタイトルについて書こうっと(笑)
あれ、何か私『魔界転生』は特に好きな作品でないはずなのに、
けっこう思い入れ強いなあ(笑)


『警視庁草紙』のドラマ、ビデオ録画を考えてたんですが
この前停電のせいでビデオの初期設定が消えちゃったもんで、
こりゃまた設定し直すのめんどくさいな~と録画をシブっていたんですが、
明日はちょうど授業が昼までだから録画しなくても見れるじゃないか!!
よし見よう。川路を見よう。
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。