上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
私の姉は宮尾富美子氏を愛する文学好きで、
風太郎は小説より戦中派シリーズが好みだと言います。
忍法帖もいくつか読んでもらったのですが、
「娯楽」と一言のみ。
しかし、馬琴の生活を描いた『八犬伝』は絶賛していたので、
やっぱり忍法帖って好みが分かれるのかと思っていました。


ところが、姉は『Y+M』のコミックスを読んで
原作が読みたいと言い出した。
以前読んだ忍法帖が面白かったからこそ、
読みたいと思ったんだろうな。
『柳生忍法帖』は人気作だけど、私は個人的にあまり柳生が好きじゃないので
むしろ『風来忍法帖』を読んでもらいたいところですがね…(笑)


姉いわく、「風太郎はなんせ読み出すと止まらないんだよね」
おお、やっぱり姉もそれを分かっていたのだ!
風太郎の小説というものは、娯楽文学うんぬんではなく
「読み出してとまらなければ」それでいいんです。


というわけで、『柳生忍法帖』上下巻と、
ついでに『妖異金瓶梅』も強引に貸しました(笑)
さあ~感想が楽しみだ。今度は風来と明治断頭台貸そうっと。
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。