FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
先日買った『風太郎千年史』に収録されている
『笑い陰陽師』の一編、忍法棒占いを読みました。
この作品自体は未読なんですが
下ネタバカ忍法オンパレードのセルフパロディ忍法帖で、
これまでに忍法帖短編でも下ネタ主体のしょーもない話はいくつか
読んでいたものの、風太郎自身が忍法帖で一番出来がいいと
言っている作品なので(山田の自作評価はまったくアテにならん)
とりあえずどんなだろうと思っていたわけですよ。


いや、これが読んでみると意外にいいんですわ(笑)
まず怪しげな夫婦のキャラが面白い。
内容もほどよ~く気が抜けてて、
ばかばかしいことをいかにもな描写で飄々と書いてくるのは
風太郎らしいなあ(笑)
まあここまでは他の作品でも経験のあることなんですが、
意外にこういう下ネタ話って
「アイタタ~」と言ってしまいたくなるような
ミもフタもない痛烈な話が多いわけですよ。


が、忍法棒占いでは、ラストがとてもほほえましく、
にっこり破顔してしまうようなハッピーエンドで
とにかく好印象(^ ^)
女はそんなことは愛があれば何でもないんだよ、と
一番言いたいことをお狛が言ってくれました。
しかも、それでも果心堂が「ホントかあ?」と疑ってかかるんだから、
やっぱり男ってダメねえ(笑)
『笑い陰陽師』もいつか手に入れるつもりだったんですが、
こりゃ一気に欲しくなっちゃったなあ(笑)


この後に収録されている『忍法小塚っ原』も
ユニークで好きな作品の一つで、実はまじめな
作品よりもこういうイロモノ?のほうが
案外好みかもしれません。


というよりこの『風太郎千年史』、
どっちかっちゅーとイロモノ作品が中心だよなァ。
だって『妖異金瓶梅』に始まってシメが『1999年』ってスゴい(笑)
途中にも上記のイロモノ作品が収録されてるんですが、
こりゃどう考えても編集者の新保さんの趣味だな。


あとがきに、あなたならどんな風太郎千年史を作りますかとあって、
う~ん個人的には、『忍法八犬伝』と『八犬伝』を並べてみたいな♪
(あ、でもこれは時代背景が意外に離れてるから夢のコラボは無理?)
あと『魔界転生』と『剣鬼喇嘛仏』と『武蔵忍法旅』を
並べたら武蔵の変遷が手に取るようにわかる(笑)
『不知火軍記』のあとに『魔界転生』を持ってくるのも感動するなあ。
『忍法忠臣蔵』と『ガリヴァー忍法島』の組み合わせも
同じ時代背景でここまで違う話がかけるのかと面白いかもしれない。


風太郎のムックを作るなんてファンとして
これ以上ない至福だよなあ。
もし自分の思い通りの風太郎の一冊を作れるとしたら、
これはまた今度じっくり考えてみようっと。
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。