上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

山田風太郎忍法帖短編全集3 忍法破倭兵状山田風太郎忍法帖短編全集3 忍法破倭兵状
(2004/06/10)
山田 風太郎

商品詳細を見る



あああ…もうこの一冊も半日で半分以上読んでしまった(汗)
また風太郎の未読が一つ減っていく…


というわけでまだすべて読みきっていませんが感想を。
ネタバレ前提なので、未読の方はお気をつけください。



【忍法鞘飛脚】
読めば分かるとおり、乱歩の『芋虫』の
オマージュ要素の残酷さが際立っています。
終盤では、これまた乱歩の『盲獣』のオマージュと取れる描写もある。


さて、問題はいったいどうやって鞘飛脚を仕込んだかということ。

あまり詳しく書かないけど、当然お濃の方を通して、
可児千七郎もまた鞘飛脚で密書を残したということでいいんだろうか。


「人豚」の残酷描写で、うまく鞘飛脚をカモフラージュさせるのはさすが。



【忍法肉太鼓】
肉太鼓強えぇーーー(笑)
この『忍法破倭兵状』に収録されているものは、
どれも他の忍法帖より一層無力感や虚無感の漂うものが多いですね。



【忍法花盗人】
あのお添い寝役の伊賀組女三人はいらないんじゃ??
『甲子夜話の忍者』を先に読んでいる読者としては、
今昔物語集のくだりでニヤニヤします(笑)

なんとなく、ストーリーが紆余曲折してる感じのする一編。



【忍法しだれ桜】
これは既読で、前にも感想を書いた気がするけどもいちど書いとく。


いろんな所で指摘されてるように、長編用のプロットを無理に
短編にした実験的なものを感じました。
中盤の殺し合いはハラハラドキドキ。




スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。