FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



以前『ジャンパー』を観たと記事に書きましたが、
いっしょにディズニーの『魔法にかけられて』も観ましたよーー♪


あらすじを読んでも分かるとおり、
今作はセルフパロディ、オマージュだらけです。


パロディやオマージュをする場合、
元の作品を超えないと意味が無いんですが、
とてもよく成功していたと感じました。


特に、「美女と野獣」パロディのクライマックスの
ダンスシーンは、曲の歌詞とあいまって
かなりジーンときました。


ディズニーやピクサー映画は観る度に
匠だなーと感じるんですが、
今回でも難しい設定や説明セリフなしの
演出による示唆が光っていました。


特に、おとぎの世界の住人だったジゼルの
心境の変化がドレスに表れているのがいいですね。


そして、現実の恋を学んでいくジゼルに対して、
キャリアウーマンのナンシーは
おとぎの世界のセオリーに従って
「唐突に恋に落ちる」対比も面白いです。


最後にジゼルが弁護士の娘の継母になることによって、
この女の子もまたプリンセスになることを想像させます。


示唆とコメディに富んだ素敵な作品でした。


うーん、『ジャンパー』も『魔法にかけられて』もDVD欲しいな。。。


『魔法にかけられて』は吹き替えで観たので、
ぜひ英語版でミュージカルシーンを観たい!!です。
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。