上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
柳生十兵衛といえば柳生三部作で主役を張る山田お気に入りの
主人公であり、男女問わず風太郎の書く十兵衛は人気である。


十兵衛の魅力って、まずはそのフェミニストぶり。
しかも彼はフェミニストと言っても天然もので、
普段はセクハラ発言し放題のくせに女性関係はマジメで下心がない。
『柳生忍法帖』でのおんぶ事件はそりゃ争奪戦起こるよな~みたいな(笑)
本人は女はようわからんものだみたいな顔してるが、
実は十兵衛の態度こそ女を翻弄しまくっている。う~ん魅力的。


んが、なんでだろう私は十兵衛にあまり魅力を感じないタイプなのである。
風太郎の書く男って基本的にみながみんなヘタレ
いっつも百八つの煩悩に悩んでるような奴らばっかりなんだけど(笑)、
十兵衛って一見そのように見えて実は理想の男性像なわけですよ。


なんだろうなあ、個人的には、カンペキな十兵衛より
『笑い陰陽師』に登場するよーな短小に悩む男だったり(例えが極端だ)
『武蔵野水滸伝』のヘタレ銀五郎や
『忍法創世記』のバカ三兄弟のほうが惹かれるものがある。


というわけで、ここはひとつ十兵衛先生にもヘタレになっていただき、
女房を失ってめそめそ他力本願になってみたり
可憐な姫様に鞭で頬をしたたかにぶん殴られて
「あ、気持ちいいかも」とマゾに走ってみたり
芸者のヒモだったり昨日振った女から
金を借りにいったりしてみてはいかがだろう(もう十兵衛じゃねええ)
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。