上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ちょびちょび読み進めていました
『軍艦忍法帖』。
いま200ページくらいなんですが…
個人的な都合により、携帯コンテンツの
文庫読み放題を退会しました(泣)


楽天フリマで入手してない忍法帖を
ゲットするつもりなので、その時まで
待っていておくれ軍艦よ…!!


さて、200ページほど読んだ感想はというと、
人気の薄い忍法帖なので面白くないのかと
勝手に思っていたんですが、面白いじゃないですか!!!
が、多くのファンの方が言っているように、
主人公の乗鞍丞馬が、嫌いとまではいかないけど
共感、同情ができないキャラ。
ストーリー的には、美也の敵討ちを手伝うという
簡単な構成ですが、そのままでは一本調子だと
風太郎が判断したのか、飛騨から丞馬を追っかけてきた
男女が話をややこしくしている(笑)
ストーリーの目的から考えると、飛騨からの男女は
ハッキリ言って必要ないんですが、そのために
丞馬によってバッサバッサと倒されるハメに(汗)
しかも、忍法争いはドロドロしているが人間関係は
ドロドロしない忍法帖のなかで、
この『軍艦』はひじょ~にドロドロしている(笑)
特に女の情念のほうが。
こういったドロドロ具合もいいですが、
なんとなく「忍法帖らしく」ない。
「忍法帖らしく」ないという点では、
『軍艦』より前作の『江戸』でも同じ。



『軍艦忍法帖』が初期忍法帖であることから、
丞馬は、忍法帖ではよくある惚れた女以外には
冷たい男、というキャラの雛形ですよね。
その後同じタイプの『風来』悪現太、『銀河』六文銭
のような、なぜか憎めない無頼漢のはずが、
飛騨から追っかけてきた本来必要のないキャラを
なんとかするため、風太郎のご都合主義のために
こんな同情の出来ないキャラ造形になって
しまったんだろうなあ。
サブキャラである勝海舟や、休平が
丞馬よりも魅力的(笑)



さて、以前話題にした友人にどの風太郎を
貸すか、ということについてですが、
結局、彼女の好きな星新一さんの作風に
ちょっと似ていそうな『夜よりほかに聴くものもなし』
『怪談部屋』(いずれも光文社文庫)
の二冊を貸しました。
ほんとにあれでよかったかな~と
思いつつもいきなり忍法帖を貸すよりかは
無謀では無いはず(笑)
まだ読めていないそうですが、
さあどんな感想を持ってくれるだろう?
アドバイスをくれた方々、ありがとうございました!
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。